未分類

リラクゼーションとマッサージの違いを分かりやすく解説!

・リラクゼーションとマッサージって何が違うの?
・私の症状はどっちに行ったら良いの?

そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、リラクゼーションとマッサージの違いを分かりやすく解説したいと思います。

リラクゼーションとは?

リラクゼーションとは、日常で疲れた体や心の緊張をほぐし、落ち着いた音楽やアロマなどの香りでリラックスしながらマッサージや指圧をうける施設のことです。

リラクゼーションの種類は?

リラクゼーションと言っても、たくさんの種類があります。

その代表的なものをご紹介したいと思います。

・足つぼマッサージ
・エステ
・リフレクソロジー
・アロママッサージ
・リンパマッサージ
・整体
タイ古式マッサージ

マッサージとは?

マッサージとは、手や指を使って皮膚や筋肉を叩く・さする・揉むとなどし、血液やリンパの流れを良くし、新陳代謝をupさせ疲労回復・筋肉や神経機能の回復を目的とした施術です。

マッサージは治療を目的とした医療行為に当たるので、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を持っている人しか施術ができません。

マッサージの種類は?

先ほども言いましたが、マッサージは国家資格を持っている人しか施術できません。
国家資格には、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師があります。

マッサージの種類は

・あん摩マッサージ
・鍼灸マッサージ

リラクゼーションとマッサージの違い

リラクゼーションとマッサージにはどんな違いがあるのか見てみましょう。

資格について

マッサージは「あん摩マッサージ指圧師」と言う国家資格が必要ですが、リラクゼーションのセラピストには国家資格は必要ありません。

ですが、エステシャン・リンパドレナージュ・アロマテラピーなど民間団体が認定している資格があります。

費用について

マッサージは症状の改善を目的とした医療行為なので、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持ったマッサージ師が施術を行った場合は保険が適用されます。

料金も病院と同じく症状に対しても対価になります。

一方、リラクゼーションは保険が適用されることはありません。

料金は決められた時間に対しての対価になります。

目的について

マッサージは首や肩の痛みの症状改善を目的としていますが、リラクゼーションは、心身の緊張をほぐしてリラックスさせることを目的としています。

まとめ

今回はリラクゼーションとマッサージの違いを分かりやすく解説させて頂きました。

症状や目的によって、選ぶようにしてくださいね。